ハイローオーストラリアとMT4の配信レート誤差

「ハイローオーストラリアの配信レート」と「MT4業者の配信レート」にズレ(誤差)について解説します。

まず、最初に説明しなくてはいけないのが、金融商品の取引方法は、大きく分けて2種類の取引方法があります。

 

金融商品の取引方法

①取引所を介した取引・・・

日本だと、東京証券取引所や東京商品取引所などの公的な取引所を介した取引です。
例えば、トヨタ株を取引する場合は、東京証券取引所を介してのみ取引されるので同じ時間に2つの価格が存在することはないです。
よって、 取引所取引における金融商品の価格は必ず同じになる。

(例) 株や先物など

 

②取引所を介さない取引・・・

主に店頭取引やインターバンク取引 ( リクイディティプロバイダ ) などが該当します。
各国の銀行や証券会社、ブローカーなどが参加しているパラレルのネットワーク上で取引するので、取引する業者によって若干レートが違う。
よって、1つの金融商品に対する価格は1つではない=取引業者によって微妙にずれます。

( 例 ) FX(為替)やCFD など

バイナリーオプションの中身は、FXなので「②取引所を介さない取引」になります。
なので、ハイローオーストラリアと他のバイナリー業者、もしくはMT4業者の配信レートは微妙にずれます。

※この辺の仕組みはすごく深いので興味ある方は調べてみてください。
余談ですが、FXではこの業者ごとの配信レートのずれを利用して稼ぐ手法もあります。

 

ハイローオーストラリアの判定レート

ハイローオーストラリアは、5分判定以上の判定レートを公表しています。

以下のURLから、ハイローオーストラリアの過去の判定レートを確認できます。

■判定レート一覧 (※直近1営業日分のみ)

https://jp.highlow.net/trade/expiry-rates

補足
ハイローオーストラリアでレート操作してる等の情報がネット上にありましたが、5分判定以上のものに関しては過去の配信レートを公開している以上不可能だと思います。

ただ、5分未満の1分判定や30秒判定などは判定レートを公開していないので何とも言えないですね。

それでも、金融ライセンスも取得してますし、バイナリー業者の中では一番クリーンな業者だと思ってます。

 

ハイローオーストラリアとMT4業者の配信レートの比較

ハイローオーストラリアの判定レートを確認いただけるとわかりますが、1営業日ずつしかレート誤差の確認ができなかったので、それぞれの業者で1週間分程度を検証してみました。

いくつかのMT4業者を比較したところ、Axioryのナノスプレッド口座』が配信レートのHigh・Low判定の一致率が96%で一番誤差が少ないMT4業者でした。

■調査したMT4業者一覧

  • Oanda
  • XM
  • FxPro
  • IFCMarckets
  • Tradeview
  • TitanFX
  • Axiory

※Axioryより配信レートの誤差の少ないMT4業者があればぜひ教えていただければと思います。

※ツール購入者様には、上記のエクセルシートも差し上げております。